LED照明の交換の際の注意点10  -水銀灯代替LED-

隆電設工業株式会社

072-424-7791

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜・祝日

LED照明の交換の際の注意点10  -水銀灯代替LED-

ブログ

2019/06/26 LED照明の交換の際の注意点10  -水銀灯代替LED-

 

前回はバイパス工事と呼ばれる電気工事を行い既存水銀灯に電球だけを交換して使用する際の注意点でした。

 

今回は器具ごと交換の際の注意点についてのお話です。

 

電球交換の場合の時にもありましたが、水銀灯に限らず白熱電球型、蛍光灯型の器具も経年劣化でひび割れなどソケットが劣化してきます。

LEDの電球は重量が重いものが多いため、劣化があると取付後電球落下の恐れが出てきます。

その場合は器具ごと交換をお奨めします。

 

特に水銀灯などは工場や倉庫など高い位置にある為しっかりと確認が必要です。

高所にあるため落下した場合の危険性が他の照明よりも高く、その際の補修なども高所作業車や足場が必要など、工事費もかさみます。

 

電球交換との違いは工場や倉庫などの水銀灯は既存器具を使用する為、反射傘がついています。

水銀灯の電球は全方向に光が出るため、反射傘を利用して光が広がりやすくなっています。

一方、LEDの光は前方への指向性が高いため、同じW(ワット)相当の電球に替えても光の広がり方が違う為暗く感じてしまう場合があります。

 

電球交換に対して、器具ごと交換の場合は各メーカーから照度分布図が公表されており、それを元に選定できるので交換した際の照度不足の心配がありません。

また調光機能が付いたものだと、日中屋外からの光を取り入ることができる場所では光の強さを抑えられるので、電気代を抑えることができます。

 

また、水銀灯は点灯してから十分な明るさになるまで10-15分程度必要です。LEDは点灯するとすぐに明るくなりますので、休憩時間の消灯、人感センサーと組み合わせて人が居るときだけ点灯するなどという使い方も可能になり、水銀灯からLEDに切り替えた省エネ効果にプラスしてこまめに点灯、消灯ができるようになるのでより電気代を抑えることもできます。

 

水銀灯のLED化をお考えならば弊社にご相談ください。

 

『人財・技術を大切にする企業』 隆電設工業株式会社

■■□―――――――――――――――――――□■■

隆電設工業株式会社
大阪で電気工事を依頼するなら技術力の高い当社におまかせください!

【お問い合わせ番号】
072-424-7791

【住所】
〒541-0048
大阪府大阪市中央区瓦町3丁目4番9号 フカキ瓦町ビル4F

【営業時間】
9:00~18:00

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP