LED照明の交換の際の注意点9  -水銀灯型LED1-

隆電設工業株式会社

072-424-7791

営業時間/9:00~18:00 定休日/日曜・祝日

LED照明の交換の際の注意点9  -水銀灯型LED1-

ブログ

2019/06/11 LED照明の交換の際の注意点9  -水銀灯型LED1-

 

今回は水銀灯型LEDのお話です。

水銀灯が使われている設備は工場や倉庫などの広い空間や、公園や駐車場のポールライトです。

水銀灯は消費電力が非常に高い為、LEDに交換すればかなりの省エネ効果を期待できます。

 

水銀灯のLEDは器具をそのまま使いランプを交換する場合と、器具ごと器具一体型に交換する2通りあります。

ランプ交換の場合は、直管蛍光灯型LEDと同じく水銀灯には「安定器」が備わっていますのでそれを切断する電気工事が必要になります。

※主に看板照明などに使われているバラストレス水銀灯と呼ばれる水銀灯は安定器を必要としないので工事なしに交換が可能ですが、一般的な水銀灯には「安定器」が備わっています。

 

水銀灯は広い空間を照らす為の照明なので高所に取り付けます。

そのため、電球切れの際も高所作業が必要となり交換作業も大変です。

 

消費電力は電気料金を25/kwhとすると

一般的な水銀灯の400Wでは18時間点灯で

400W×8h÷1,000(wからKwに単位を変換) ×25円(kwh)×30日=2,400/

LEDでは

100W×8h÷1,000(wからKwに単位を変換) ×25円(kwh)×30日=600/

となり月あたり1,800円のコストカット、年間だと単純計算で21,600円のコストカットにつながります。(一台あたりの電気代)

 

一般的な水銀灯の寿命は約12,000時間とされています。

対してLED40,000時間と長寿命ですので18時間点灯として単純計算で

水銀灯は

12,000h÷(8h(日)×30日×12か月)=約42か月

LEDでは

40,000h÷(8h(日)×30日×12か月)=約1310か月

 

となります。変更することで大幅な電気代の削減と交換労務の削減にもつながります。

 

消費電力が大きいのでLED化することで大幅なコストダウンができるため償却も早いです。

 

水銀灯のLED化をお考えならば弊社にご相談ください。

最適な選定とご提案も可能です。

 

『人財・技術を大切にする企業』 隆電設工業株式会社

■■□―――――――――――――――――――□■■

隆電設工業株式会社
大阪で電気工事を依頼するなら技術力の高い当社におまかせください!

【お問い合わせ番号】
072-424-7791

【住所】
〒541-0048
大阪府大阪市中央区瓦町3丁目4番9号 フカキ瓦町ビル4F

【営業時間】
9:00~18:00

【定休日】
日曜・祝日

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP